漢字の書き方見本


文字・漢字書き方 | JIS漢字 【手本】


 「あ行」から始まる名前を対象に教科書体・ゴシック体等で表現した漢字を紹介
 漢字のイラストから各種デザインのページへ進めます。
 読み方は一例として紹介しており、他の読み方がある場合も多々あります。

 色々な漢字のデザインのサイト



 漢字・イラストから各種デザインのページへ進めます

「さ行」から始まる漢字 (手本)

嫉 シツ
漆 シツ、うるし
質 シツ、シチ、(チ)
実 ジツ、み、みの-る
芝 しば
シャ、うつ-す、うつ-る
社 シャ、やしろ
車 シャ、くるま
舎 シャ
者 シャ、もの

漢字を「表示させた字」として見てみることで、漢字の画数や上下左右のバランスを認識することが出来ます。
また、表示させる書体のデザイン(色彩)によって名前や名称の印象も変化し幅広く考察することが出来ます。




射 シャ、い-る
捨 シャ、す-てる
赦 シャ
斜 シャ、なな-め
煮 シャ、に-る、に-える
遮 シャ、さえぎ-る
謝 シャ、あやま-る
邪 ジャ
蛇 ジャ、ダ、へび
勺 シャク



尺 シャク
借 シャク、か-りる
酌 シャク、く-む
釈 シャク
爵 シャク
ジャク、ニャク、わか-い
弱 ジャク、よわ-い
ジャク、さび、さび-しい
手 シュ、て
シュ、(ス)、ぬし、おも

 他にも様々な漢字・名称を紹介しています。








 色々な漢字のデザイン



明朝体の特徴 ゴシック体の特徴




「トメ」、「ハネ」、「はらい」の部分
習字で書いたような特徴があります
「横線」や「縦線」は
同じような太さであることが多い 
文字を認識しやすい(視認性)

 各種書体によって多少の違いや例外が存在します。少しの違いでも、印象における大きな魅力を放ちます。




 文字・漢字書き方 | JIS漢字 【手本】

 当サイトは、漢字を表現するときに文字のデザイン(書体)による影響から印象・イメージが変化することから、より深く多角的に考察することが出来ます。

また、画数や上下左右のバランス、「占い」や「風水」など多彩な価値観からも分析することも出来ると思います。

 紹介している漢字は、習字・レタリングにおいて書き方の正解や特別な意味を意図として示すものではありません。JIS・人名・常用漢字ではない文字も含むため正確性については、辞書や辞典での確認が必要です。また、読み方についても多種多様に存在しています。

 当サイトにおける画像などのコンテンツの転載や再配布はできません。